Still life - 八百万の神

BankART AIR オープンスタジオ/横浜/2021

日本では古来から、日常のあちらこちらに神様がいるという。

八百万の神(やおよろずのかみ)の視線は、現代都市にあまた仕掛けられた監視カメラとはだいぶ異なる。監視カメラの背後にあるのは監視する他者の視線だが、八百万の神の視線は、八百万の神を見出すその人の内側に存在する。つまりそれは、自分が見ている風景とは別な視点からの風景の存在を想起させ、ユクスキュルの呼ぶ「環世界(Umwelt)」のようなものを拡張させている。

このプロジェクトは身の回りのもの全てをカメラオブスキュラ(ピンホールカメラ)に変えてしまうプロジェクトだ。カメラとなり「視線」をもった静物が写す世界は、長時間露光によって人間が排除された静物の世界である。生命を宿した静物(Still life)は、世界や私たちを内包しながら、時間を超えて静かに世界を見守っている。